Event is FINISHED

大手に負けない中小企業のための広報活用術 ‐時代は“伴走型”へ‐  第42回 関西広報100研究会【新人広報のための特別公開セミナー4/10開催】

Description
関西の企業、団体50社以上の経営者や広報担当者から成る関西広報100研究会(事務局:大阪府大阪市北区 代表:西山裕子)は、関西エリアの経験年数3年未満の新人広報担当者30名を対象とした公開セミナーを、4月10日(水)にグローバルベンチャーハビタット(グランフロント大阪・大阪市北区)で開催いたします。通常は会員向けのクローズドな会ですが、今回は特別に非会員向けにも幅広く公開する特別セミナーとして実施いたします。

【概要】
■日時:2019年4月10日(水) 13:45受付開始
 14:00-18:00 セミナー/メディア登壇/プレスリリース診断
 18:30-20:30 懇親会
※ 申込期限 【4月8日(月)23:59】

※プレスリリース診断をご希望の場合は、事前にリリースの提出をお願いします
※リリース提出方法につきましては、お申込み後にご案内させていただきます
※提出いただいたすべてのリリースを、後日添削しメールにて返信いたします




第42回開催の背景:中小・スタートアップこそ「広報」に注力するべき理由


メディア関係者が取材の際にコンタクトする広報担当者は、言わば会社の顔。広報担当者は日頃から経営理念への深い理解、業界動向への高いアンテナ感度、華やかさよりもスピード感と企画力、正確で誠実な対応力など多くを求められます。企業と世間のハブとして‟会社のファンづくり“に欠かせない存在になりつつある広報は、今や大手企業だけが必要とする部署ではなく「広報上手な会社は経営上手」と言われるほど、スタートアップや中小企業の経営層が欲しがるポジションの一つとも言えます。

関西広報100研究会では、経験豊富な先輩広報たちが惜しみなく手の内を明かし合いながら、勉強会を開催してきました。社内では拾えない情報やノウハウを共有し、メディア関係者を紹介し合うスタイルは、組織にとってもメリットが大きく好評です。

盛況な一方で、参加する人によっては「レベルが高い」と感じる声も。ある日突然、広報を任されたものの、社内に広報業務を教えられる人がおらず戸惑う広報担当者は少なくありません。総務や秘書、人事など他の業務と兼任しながら手探りで広報業務をこなしている、という相談もよく耳にします。実際に現会員55名のうち、ほとんどが経験3年未満の新人広報担当者です。

そこで今回は、春の人事異動で広報に任命された方をはじめ、関西の企業や団体の「広報 経験3年未満」の新人広報担当者を対象に、広報の基本から、昨今重要性を増す広報のトレンド、企業トップに期待される「経営戦略としての広報」とは何か?など具体例を挙げて説明する勉強会を開催することにいたしました。また、新人広報の‟デビュー戦“を応援する特別企画として、選ばれた3本のプレスリリースを実際にメディア関係者に感想をもらう『プレスリリース診断』を予定しております。

タイムスケジュール
14:00~14:10 オープニング
14:10~14:30 わが社のPR、広報のお悩み共有

●セミナー1. 新人広報担当者の心がまえと重要性を増す広報のトレンドについて
14:30~15:30 西山裕子 関西広報100研究会 代表、ミライフ代表・マーケティングPRプロデューサー

●セミナー2. 明日から使える実践事例の紹介!
先輩広報さんの新人デビューから、記者に頼られる存在になるまで
15:40~16:10
登壇者1.堂浦 可奈子 フルタ製菓株式会社 企画開発部課長代理         
16:10~16:40
登壇者2:松田 真弓  株式会社坂ノ途中 広報・株式会社i-plug 社内広報 

17:00~18:00 プレスリリース診断・メディアご登壇予定(新聞やテレビ局ディレクターなど) 
18:30~20:30 懇親会 ※グランフロント大阪内を予定

登壇者プロフィール

西山裕子 
関西広報100研究会代表、ミライフ代表・マーケティングPRプロデューサー
──────────
P&G ジャパンのマーケティング部にて、パンパースやミューズなどの商品開発・調査、プロモーション等のマーケティングを担当。2000年、ITベンチャーの立ち上げに参加。2012年独立し、企業向けにマーケティングコンサルティング、プレスリリース作成配信、取材・記者発表 会の運営等を行う。テレビ・新聞・雑誌・ネットメディアなど、紹介されたメディアは100を超す。「関西広報100 研究会」代表として、2015年から関西の企業広報担当者との勉強会を開催する。
──────────



堂浦 可奈子 フルタ製菓株式会社 企画開発部 課長代理
──────────
専門学校卒業後、外資系スーパー「カルフール」にて装飾・販促を担当。2010年フルタ製菓株式会社入社。企画開発業務とデザインを担当、セコイヤチョコやチョコエッグなどのロングセラー商品を手掛ける。2016年より広報業務を兼任。2017年フルタ製菓内のロングセラー商品を起用し、地域活性を目的としたCSR活動および広報活動を立案。現在、滋賀・福井・広島、愛媛の各都市で菓子を使った地域振興や包括連携事業の立ち上げ、締結、推進にも取り組む。
──────────


松田 真弓  株式会社坂ノ途中 広報・株式会社i-plug 社内広報
──────────
京都生まれ京都育ち。エン・ジャパン株式会社に入社し6年間法人営業に従事。その後クラシック音楽・オペラ・バレエ専門紙の編集・ライターに転身。フリーライター期間を経て、2014年8月より就活サイト「OfferBox」を運営する株式会社i-plug(大阪市)へライターとして入社。入社半年で広報兼任となる。2016年より大阪の西中島・中津エリアのベンチャー企業30社以上が集まるコミュニティ「にしなかバレー」の広報を兼任。2018年4月より複業をスタートし、農業ベンチャー 株式会社坂ノ途中(京都)に広報担当として参加。現在は、i-plugと坂ノ途中を行き来しながら週半々で勤務している。
──────────


プレスリリース診断について(内容は変更となる場合があります)
事前に提出いただいたリリースについて、何点かピックアップして良い点、悪い点についてお話をさせていただきます。
また、提出いただいたいすべてのリリースについて後日添削しメールにてお返しさせていただきます。
当日来場されるメディアご担当者様へも提出させていただきます。


会場
グローバルベンチャーハビタット(GVH)大阪
〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪北館7階

・JR「大阪駅」より徒歩7分
・阪急「梅田駅」より徒歩10分
・Osaka Metro「梅田駅」より徒歩10分

> 懇親会:近隣の飲食店を予定


「関西広報100研究会」とは
「関西広報100研究会」は、2015年1月から始まった、関西の広報担当者による活動グループです。広報に関する知恵と技を共有し、共に成功するためのオープンイノベーションとネットワークの構築をしています。100会員、100メディアとのつながり、100回開催を目指しています。




==========
※ 申込はPeatixのみ受け付けております。領収書も発行できますので、ご利用ください。
※ 理由の如何を問わず、ご返金はできませんので、ご了承ください。
※ 今回は公開イベントですので、一般の方も広くご来場いただけます。
※ 会員は、Facebook秘密のページにて、耳寄りな情報をいち早く得ることができます。
※ 会員には、年に一度、研究会の幹事としてご協力をお願いしています。
==========
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#424809 2019-04-09 15:02:18
More updates
Wed Apr 10, 2019
2:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
グローバルベンチャーハビタット(GVH)大阪
Tickets
研究会のみ(会員) SOLD OUT ¥5,000
研究会のみ(非会員) SOLD OUT ¥10,000
研究会と懇親会(会員) SOLD OUT ¥9,500
研究会と懇親会(非会員) SOLD OUT ¥14,500
懇親会のみ(会員・非会員) SOLD OUT ¥4,500
Venue Address
〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 Japan
Organizer
関西広報100研究会
186 Followers

[PR] Recommended information